防犯性の高い賃貸を探すなら!オートロックに注目

防犯対策をしっかり行うなら

賃貸物件を選ぶときは、駅からの距離や間取り、賃料など様々な面で比較しながら選ぶことになります。賃貸マンションやアパートでは多くの人が出入りしていることもあり、防犯面で不安を感じている人もいるのではないでしょうか。一度入居したら、簡単に引っ越すというわけにもいきませんので、長期間安心して住める物件を選んでおきたいものです。防犯カメラなどの防犯設備が整っている物件であるかどうかはよく確認しておきましょう。オートロックが導入されているかどうかも調べておきたいところです。オートロックはエントランスに設置されており、自動で施錠を行うシステムです。開錠しなければ物件内に立ち入ることはできません。開錠は鍵や暗証番号、カードなどで行います。

住民以外の人物が入りにくくなる

オートロックのある物件なら、住民以外の人物の侵入は難しくなります。空き巣などの被害を防げることはもちろん、訪問営業を避けやすいというメリットもあります。とはいえ、絶対に侵入できないというわけではなく、住民や宅配業者に続いて侵入するケースがあることは知っておきましょう。オートロックを導入している物件は安心感がありますが、家賃はやや高めに設定されています。鍵を忘れて出かける、紛失してしまうなどの場合は部屋に入れず締め出されるリスクもありますので、鍵やカードの管理はしっかりとしておくことが大切です。暗証番号式なら、そうした心配はありませんが、第三者に暗証番号を見られないよう開錠時は周囲に気を配るようにしましょう。

札幌の賃貸物件は住宅やオフィス、店舗など用途を問わず、郊外に近づくほど家賃が割高になる傾向があります。郊外は開発が進み、新築物件が増加していることが家賃の高額化の理由です。