敷金礼金のない「ゼロゼロ物件」を探してみよう


そもそも敷金礼金とは?

敷金とは大家へ預ける資金です。預けるだけですので大家との契約を解除する時には返還されるものです。敷金とは言い方を変えると保証金という考え方が正しいともいえます。ところが、借りた部屋に住んでいる間に、部屋を破損してしまった場合には、敷金が返還されないこともあります。なぜならば大家に預けた敷金で、破損個所を修繕することがあるからです。敷金をきちんと解約時に返還してほしければ、借りた部屋を大事に使うことが大切です。

そして、礼金とは敷金と違い返還されることはありません。礼金とは戦後からある習慣で、部屋を貸してくれる大家への感謝の気持ちのようなものだったのです。この二つは、賃貸住宅を借りる時には当然のように合った物でしたが、近年は敷金と礼金がない賃貸物件も増えてきているのです。

敷金と礼金がないと初期費用が浮く

敷金と礼金がなければ、引越しの際の初期費用を浮かすことが出来るというメリットが有ります。しかし、すべての物件がそのようなわけではありません。アパートやマンションの供給過剰地域において、敷金礼金がないいわゆる「ゼロゼロ物件」が存在しています。敷金礼金をゼロにして、入居者を確保することが目的です。このようなゼロゼロ物件を見つけるためには、賃貸住宅が多い地域であれば、比較的簡単に見つけることが出来ます。引っ越しはただでさえ費用が掛かるものですから、敷金礼金のない賃貸住宅を探すことは、入居者にとっても大家にとってもメリットが有るといえます。

旭川の賃貸一戸建ては、庭付きや駐車場付きの物件があります。間取りも3DLKや4LDKなどバリエーションがありますので、家族構成や部屋の使い方に合わせて選ぶことが出来ます。