仕事がはかどる!良い環境の賃貸オフィスの選び方のコツ


働きやすい環境の新しい賃貸オフィスを選ぶ

賃貸オフィスを借りようと考えたとき、何をチェックして選べばいいのだろうと悩むことはありませんか?入居してから色々と不具合が出てきても、そう簡単にすぐに移転できるものでもないため、後悔しないためにも賃貸オフィスを選ぶポイントは知っておきたいですよね。外観や内観がきれいでお洒落な雰囲気だから、といった見た目だけで選んでしまうのは失敗のもとです。利用しやすいか、働きやすいかといった点も選ぶときの大事なポイントになります。良いオフィスを選んで良い環境で、心機一転ビジネスをスタートさせましょう。

良い環境のオフィスの面積について

賃貸オフィスの面積は、作業スペースや導線を確保できる、働きやすいオフィス環境を作れる広さを考えることが大切です。1人あたりの作業スペースは、約1、5坪から2坪の広さを取るようにしましょう。そして、休憩スペースやミーティングスペースなどのスペースを作りたいときは、その分の広さも考慮します。廊下や通路は従業員が行き交うときや、荷物の搬出入をする際に導線がスムーズになるように、ゆとりのある広さを検討するとよいです。

ビルのエントランスの環境もチェック

賃貸オフィスに取引先の方や顧客がよく来るという場合は、エントランスなどの共有スペースの部分の環境もチェックすることが大事です。エントランスは、ビルに入ったときの企業への第一印象を与える場所になります。清潔感があってキレイな環境で、デザイン性も良ければ、自社のイメージアップにつながります。また、来客がオフィスにスムーズに辿り着けるように、エントランスの入り口付近に、入居している企業名がわかるように表示がしているかという点も確認しておきましょう。

中央区で賃貸オフィスを探す際は従業員、及び来客用の駐車場をどう確保するかが大きな課題です。好条件な駐車場はすぐに埋まってしまうのでこまめに空き物件の確認を行う必要があります。