本当に移転してプラスになる?賃貸オフィスを移転する際のメリットやデメリット


賃貸オフィスの移転について

営業などで他の会社へ訪問した際、おしゃれで雰囲気の良いオフィスを見たときに、「こんな場所で働けたら仕事がはかどるのにな」と、思ったこともあるかも知れません。そんなときに賃貸オフィスの移転を検討することもあるでしょうが、本当に移転することが正解なのか?と悩むこともありますよね。新しい賃貸オフィスに移転することは、良い部分もあれば悪い部分もあります。色んな側面を理解して、自社にとってプラスになると感じられたら移転の準備をすすめるのがよいでしょう。

賃貸オフィスを移転するメリット

賃貸オフィスを新しい場所へ移転するメリットは、より交通手段の利便性の良い場所へ移転することで、通勤時間が楽になる点です。時間をムダにすることなく有効に使えます。そして、交通費のコストカットにつながり、社員と会社と両方に利点があります。そして、何より新しい賃貸オフィスに移転することで、社員の士気の向上も期待できます。雰囲気の良いオフィス、新調したオフィス家具、新鮮なオフィス環境に社員のモチベーションがアップするでしょう。移転をきっかけにオフィス環境を見直すことで、働きやすくなり、業務効率も上がります。

賃貸オフィスを移転するデメリット

賃貸オフィスを移転するときは、必ずしもプラス面だけでくデメリットも存在します。オフィスを移転するときは、コストが大きくかかることがあります。オフィス環境の改善を図って、以前よりも良い立地で広いオフィスを借りようとすると、当然賃料が前よりも上がることもあるでしょう。コストを抑えるには、使えるオフィス家具は再利用したり、中古の良い状態の家具を購入するなどの工夫が必要です。

港区で賃貸事務所を借りるときには、賃料を比較し、適正な相場を知ることが重要です。コスト削減にも繋がるため、あらかじめ賃料を調べておく必要があります。